トクするレッスンの受け方-2

「トクするレッスンの受け方」5つのポイント-1の記事の続きです。

 

①自分なりの楽しみ方を持つ

②具体的な小目標をたてながら続ける

③先生の力を最大限に引き出す(教えやすい生徒でいる)

④その日のうちにレッスンを振り返る(復習)

⑤毎回のレッスンでクリアにしたいことをわかっておく(予習)

 

このうち今日は①と②の解説です。

 

①自分なりの楽しみ方を持つ

 

いろいろな楽しみ方がありますよね!

どんな楽しみ方でもいいのです。

楽しみ方をみつけるにはまずメンタル面が大切です。

 

ピアノレッスンを楽しめなくて短期間でやめてしまう人は、

「練習してもしてもうまくならない」

「所詮大人から始めたらこんなもの」

「〇〇さんのようにはなれない」

 

そんなふうに感じて辞めてしまいます。

 

これは受け止め方次第です。

 

「出来るようになったこと」をしっかりと自分で評価できているでしょうか?

「今出来ること」の中にある豊かさに気づいているでしょうか?

そして他人と比較することは無意味ですよね。

 

 

②具体的な小目標を持つ

たとえば、「テキスト1冊を最後まで取り組む」

「次の発表会で大好きなあの曲を弾く」

「大切な人のお誕生日にサプライズでハッピーバーステーの曲を弾く」等々

大きすぎない目標をいつも持っておくといいですね。

 

③以降はまた次回の記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です